RESERVE

ギターアンプの設定について

NEWS

ギターアンプの設定について

はじめに

 

こんにちは。今日もいい音楽やってますか。スタッフ Iです。今日はギターアンプのセッティングについて語りたいと思います。最後までお付き合いください!!

では元気にロックンロール!!!

 

 

 

準備する

先ずはアンプを使う前に最低限必要なものはギターとシールドです!!

これがないとアンプちゃんはかっけー音が出ません。うんともすんとも言わないです(笑)

なので必ず持ってきましょう。スタジオにはレンタル機材もあるので万が一忘れてしまっても大丈夫ですよ!!!

 

ここで一つ知識としてためになることをお伝えします。

もうご存じの方も多いとおもいますが、アンプには2種類のアンプがあります。

その名も真空管アンプとトランジスタアンプ!!! 

 

それぞれ素敵な特徴のある物ですので自分の好みで選びましょう!!

軽く説明するとトランジスタアンプはアンプの内部部分の音の増幅するところが電気回路でできています。

真空管アンプは音の増幅するところに真空管をいれて音を増幅しています。

僕個人の見解ですが、よりデジタルっぽい、無機質な音が好みならばトランジスタ よりアナログっぽい 温かみにのある音が好みならば真空管 を選ぶといいかと思います。

昔トランジスタのアンプでゴリゴリのサウンドを目指してバンドをしてた時にライブハウスの店長に真空管だろそれって突っ込まれたのは今となってはいい思い出です(笑)

 

真空管アンプ

 

トランジスタアンプ

 

 

実践

さてアンプで音鳴らすために必要なものと知識を手に入れたので実際にやっていきましょう。

まずギターからアンプのinputとかかれてるとこにシールドをさします。

ギター側のボリュ-ムは上げときます。(意外と盲点)

そしてアンプの電源をイン!!さーやるぞ、、、、、つまみが多くてわかりません、、、

たくさんあるので難しいですよね、ここで各つまみの名称と効果を記載しときます。これを参考にしながら作っていきましょう!!

 

  • Volume : 音量
  • Gain : 歪み
  • Bass : 低音
  • Middle : 中音
  • Treble : 高音
  • Tone : 音質
  • Resonance : 超低音
  • Presence : 超高音

これにアンプによってはクリーンチャンネルと歪チャンネルがついてるアンプがあります!!

 

 

さいごに

はじめてでかい音でアンプで鳴らしたあの感動は今でも忘れられません。そんな一生に一度の経験を当店で経験してはいかがですか。スタッフ一同お待ちしております。

 

 

 

MUSIC MAN

心地よい響きを大切に快適なリハーサル

  • 東京都新宿区西新宿7-10-13 ガイアビル2.3FMAP
  • JR新宿駅西口徒歩4分、東口6分
  • 営業時間 / 09:30~00:00(予約により深夜営業あり)
  • 駐車場 / 専用駐車場2台あり(要予約)MORE
  • お支払い / 現金 AirペイMORE
  • お振込先 / きらぼし銀行 新宿支店 普通 4067547 ミュージックマン
  • 駐車場
  • 専用駐車場2台あり(要予約)MORE
  • お支払い
  • 現金 AirペイMORE
  • お振込先
  • きらぼし銀行
    新宿支店
    普通 4067547
    ミュージックマン

©2022 MUSIC MAN Sound Studio