RESERVE

Music manスタジオコラム プレシジョンベース

NEWS

Music manスタジオコラム プレシジョンベース

プレシジョンベース(Precision Bass)をご存じでしょうか?

エレキベースの一種でありながら、フェンダー社のレオフェンダー氏によって考案され作られた世界初のエレキベースがプレシジョンベース(通称プレべ)であります。

原初のエレキベースと言っても過言ではありません。

 

プレベの歴史は1950年から始まります。

同年、レオフェンダー氏によってプロトタイプが作られ、1951年からプレシジョンベースとして発売されます。

プレシジョンベースはそれまでのベースの主流であったコントラバスとは違い、コンパクトで取り回しやすく、アンプによって大きい音が出せ、さらに指版にフレットが打ち込まれ誰でも容易にプレシジョンな(正確な)音程を出すことが可能になっていました。最後のは名前の由来にもなっていますね。

1951年に発売されたプレベは今現在広く流通しているプレベとはすこし見た目や仕様が異なり、テレキャスターのヘッドデザイン・メイプルの1ピースネック・アッシュ製ボディ・2連サドル・シングルコイルのピックアップ1基というとてもシンプルなものでした。

現在プレベといえば下の写真のようなものを思い浮かべる人がほとんどだと思います。

大きく違う点と言えば、ジャズベースやストラトと同じヘッドデザイン、それぞれ独立したサドル、特徴的なシングルコイル2基の配列です。このバージョンの変更は1957年に行われているようです。

これらを区別するために、1957年以前のモデルのベースはOPB(オリジナルプレシジョンベース)やテレキャスターベースと呼ばれたりします。

プレベの特徴と言えば、やはりこちらも特徴的な2基のピックアップの配列でしょう。このピックアップはスプリットコイルピックアップと呼ばれ主にプレベに搭載されます。シングルコイルのピックアップをスプリット(分割)して出来ているのでこの名称です。

難しい話は避けますが、シングルコイルでありながらハムバッカーのような働きをし、ノイズを低減、ふくよかなローミッドの音域とシングルコイルらしいエッジの効いたニュアンスを両立させあのプレベらしいガツンとしたサウンドを奏でることが出来ます。

プレベは1950年から始まり1957年にモデルチェンジを経て現代にいたるまでエレキベースのスタンダードとしてベースプレイヤー達に愛されております。細かな仕様変更はあっても、長い間その形を崩さず現代まで脈々と受け継がれている製品としての完成度には息をのむばかりです。そういった歴史を感じながら楽器を弾いてみると感慨深いものがあります。

ぜひ、当スタジオに置いてあるプレシジョンベースにて歴史とサウンドを楽しんでみてください。1h¥330にてレンタルしております。

MUSIC MAN

心地よい響きを大切に快適なリハーサル

  • 東京都新宿区西新宿7-10-13 ガイアビル2.3FMAP
  • JR新宿駅西口徒歩4分、東口6分
  • 営業時間 / 09:30~00:00(予約により深夜営業あり)
  • 駐車場 / 専用駐車場2台あり(要予約)MORE
  • お支払い / 現金 AirペイMORE
  • お振込先 / きらぼし銀行 新宿支店 普通 4067547 ミュージックマン
  • 駐車場
  • 専用駐車場2台あり(要予約)MORE
  • お支払い
  • 現金 AirペイMORE
  • お振込先
  • きらぼし銀行
    新宿支店
    普通 4067547
    ミュージックマン

©2022 MUSIC MAN Sound Studio